FC2ブログ

“Dia de Ranobia” らのびあの日   

【競馬ブログ】 管理人ラノビアが競馬をゆとりを持って見守るブログです。どうぞごゆっくり

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012桜花賞予想(ポイントは阪神JFの見方)

桜花賞
桜舞い散る中に忘れた記憶と~♪
舞い散るどころかまだ花開いてないのが今年の桜。

今週はいよいよクラシック第一弾桜花賞です!
今年の桜花賞戦線は混戦模様。
今年の桜はどの馬に咲こうか迷っているのか、まだ花開いていません。
初々しい桜の蕾が花開くとき、新しい桜の女王が誕生します。

ちょっとフジの実況みたいに雰囲気出してみたw


今年の桜花賞はブエナビスタの妹ジョワドヴィーヴルが一番人気になりそうですが、前走の敗戦から抜けた一番人気というよりは押し出された一番人気というような雰囲気。荒れる気配のある桜花賞、早速検討していきます。
予想だけ見たい方は下のほうにどうぞ、

まず最初に桜花賞といえば、阪神JF、チューリップ賞と同じ舞台阪神1600。過去のレースを見てもわかるように非常に関連性が高いレースです。
僕は今年の桜花賞のポイント阪神JFをしっかりとレース分析できるかどうかだと考えています。
みなさんご存知の通り、昨年暮れの阪神JFはスローペースでした。直線ヨーイドンの瞬発力勝負になり、道中しっかりと脚を溜めたジョワドが突き抜けるという内容。
スローペースを差し切ったジョワドは確かに強いです。あれだけ折り合えるのが強みといえます。ですが、ミドルペースではどうでしょう?前走のチューリップ賞では求めるのが高いのはありますが、疑問のつくの伸び方。休み明けという見方もできなくはないですが、馬体重も太いわけではないですし、一杯に追われてあの内容は正直物足りないです。

逆にエピセアロームのほうがしっかりといい伸びをしていました。
エピセアロームは阪神JFでは見せ場のない惨敗でしたね。その理由はスローで外から捲っていき、道中で無駄な足を使ってしまい極限の末脚比べで見劣ってしまったからだと僕はみています。つまり阪神JFのときは持っている実力を存分に発揮できなかったといえます。チューリップ賞ではジョワドに明らかに勝る内容でしたし、もし阪神JFでジョワドのように折り合っていれば最後はいい脚が使えたと思います。
つまり、今年の阪神JFはいかに道中無駄な脚を使わずに折り合えたかが勝敗の鍵を分けたと思います。

そして注目してほしいのが、阪神JFでエピセと同じく道中で無駄な脚を使い最後の末脚比べで競り負けたサウンドオブハート。エピセアロームと同じようなレースぶりにも関わらず最後3着まで粘ったのはこの馬の強さだと思います。
もしこの仮定、僕の見方が正しければサウンドオブハートは化け物だと思います。前走の勝ち方を見ても明らかに力を持て余してるようなレースぶり。実力は間違いなく世代トップクラスだと思います。
僕は今年の桜花賞、この馬が一番ポテンシャルが高いとみます。


さて、ここからが予想

【コース】は阪神マイル。直線での瞬発力勝負がセオリーです。
まずは【展開】
エイシンキンチェムやアラフネ、マイネエポナなど前でレースしたい馬もいますし、強力な先行馬もいます。ただ阪神1600なのでそこまでハイペースにはならないと思いますが、道中のラップは締まったラップになるんじゃないかと思います。内回りや1月の京都開催で展開に恵まれ前残りしてきた馬にとっては同じようにはいかないと思います。

【印】
◎サウンドオブハート
〇エピセアローム
▲ジョワドヴィーヴル
△パララサルー

◎基本的には紛れの少ない阪神マイル。道中のラップが厳しくなれば底力が試されます。やはりそこで台頭してくるのはサウンドオブハートだと思います。直前輸送と長く空いたレース間隔に不安はありますが、調整過程を見れば陣営のプラン通り。陣営のプランへの疑問はひとまず置いといて、のうりょkうを発揮できる態勢にあるならこの馬を本命にすべきだと思います。

○エピセアロームの怖いところは過去2走が道中前に壁を作れていないところ。その怖さは今回も壁を作れずにかかる心配ではなく、内枠で前に壁を作って脚を溜めたときにどれだけ弾けるかというところ。この馬の瞬発力は未知数なので今回驚くような末脚がみれるかもしれません。

▲ジョワドヴィーヴルの阪神JFはやはり何度見ても圧巻。前走の負けの見方は様々ありますが、持っている能力は高いのは間違いありません。血統を見ても、一発があるとしたらやはりこの馬になります。 不安点は外枠に入り直線勝負になったときには今の芝状態で前を交わしきれるかどうか。福永の騎乗はある程度読めますし、おそらく内のエピセは交わせないんじゃないかって思っちゃいます。

△他押さえはGⅢレベルの馬まで。
スポンサーサイト

| レース予想 | 22:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

エピセが高評価ですね!
ジョワドヴィーヴルが▲ですか~

| アリュール | 2012/04/08 13:10 | URL |

エピセは念願の内枠だからね。

ジョワドの不安点は馬体重がまだ少ないところ。前走420で明らかにまだ成長途上で今回の調教後馬体重が416キロ。前走より更に馬体重が減ると考えると上積みもどこまで?って感じがするんだよね。本格化はまだ先だと思うし、ポテンシャルだけでどこまで乗り切れるかってのがこの馬の見解。

人気してくれるし、今回は本命から外したほうが馬券的な妙味はあるからねw

結果、アッサリ楽勝ってパターンもあるけどw

| ラノビア | 2012/04/08 13:46 | URL |

府中→熊谷はつらい…
やっぱり福永のG1は黙って紐あつかいか…

| 後輩 | 2012/04/08 17:17 | URL |

>後輩くん
入社おめでとう。
熊谷ってなんかあるの?よく夏暑くなるところ?

ワールドーエスの福永買う勇気が・・・

| ラノビア | 2012/04/08 23:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ranobia.blog129.fc2.com/tb.php/238-4af40ed5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。