FC2ブログ

“Dia de Ranobia” らのびあの日   

【競馬ブログ】 管理人ラノビアが競馬をゆとりを持って見守るブログです。どうぞごゆっくり

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012皐月賞レース回顧

みなさん皐月賞は獲れたでしょうか? ちょっと驚くような結果になりましたが冷静に回顧していきます。
今回は4角でのコーナリングが勝敗を分けました。レース回顧では各馬の4角でのコース取りを把握することが重要です。本当に強い馬を見つけ出すことがダービーでの馬券的中につながるので、しっかり僕の見解を述べていきたいと思います。

まずは最初にランク表を張り出します。
皐月賞2012

まずペースは12.4-11.1-12.3-11.9-11.4-11.6-12.2-12.7-13.6-12.1
1000m通過が59.1秒。稍重馬場ということを考慮してもハイペースだったと思います。3歳クラシックでハイペースなんて久しぶりですね。締まりのあるGⅠらしいいいレースだったと思います。
逃げ宣言したメイショウカドマツとゼロスの壮絶なハナ争いがこのハイペースを生んだわけですが、決して超ハイペースだったというわけではないと思います。コーナー通過順と位置取りを見比べれば、ハイペースで追い込み2騎の決着なのかなって思いがちですが、このレースは4角での位置取りに大きな差がありました。

まず勝ったゴールドシップでしがウチパクの好騎乗が光りましたね。最後方から4角だけで3番手に。ワープという言葉が一番あてはまるように思います。その好判断に応えた馬も立派。普通の馬では一気に3番手までいけなかったでしょう。馬の能力、コース形態を最大限活かしての結果。今年一番の好騎乗になるでしょうね。最後は流してるので馬の能力は図りきれませんが、外を周ったら届かなかったと思います。

2着はワールドエースですが大外を周りました。そして驚くのは上がりタイム。再内を周ったゴールドシップと僅か0.3秒差www あそこを周って34秒台ですから化け物ですよ。あまりの強さに笑っちゃいます。最後方から父を思わせるような衝撃の末脚。まさにディープ産の最高傑作でしょう。結果こそ2着ですが、明らかに内容は一枚も二枚も上。ここでこんな競馬ができるんですからこの先GⅠが何個獲れるか楽しみです。
SSの評価は過大評価かもしれませんが、強いことを強調させたくてつけました。ちなみに僕のSS評価はオルフェーヴル以来です。

3着はディープブリランテ。あれだけ力んで走ってよく3着に残したなって思います。ただ中山だから残せたってゆうのは大きいと思います。力みが残るようならダービーは割引が必要。個人的には好きな馬なので応援してます。

4着はコスモオオゾラ。僕はこの馬とサトノギャラントあたりが一番展開向いたと思います。ゴールドシップはコーナーワークを使い1着。ワールドエースは次元の違う末脚で2着ですから展開とはあまり関係ないんですよね。要するに今回の皐月賞はハイペースで中団後方を追走した馬に展開が向いた。言い換えればコスモオオゾラとサトノギャラントは展開が向いたからこそのこの着順といえます。

5着のグランデッツァは持ってる能力は出し切ったと思います。外を周って最後かなり伸びてましたからいいレースをしたと思います。馬場が合わないですとか色々言われていますが、これだけ走れれば実力を出し切っていると僕は判断します。ダービーではもっとうまい立ち回りができると思うので次走はそこに期待を持つべきだと思います。

他は特注すべき馬はいないように思います。

今年の皐月賞は締まりのあるいいレースだっただけあって、やはり実力のある馬がしっかり上位に絡んできました。
今回上位にきた馬は実力を発揮しやすい府中の2400でも面白いんじゃないでしょうか。
僕は特にワールドエースをダービー馬候補としてオススメします。
スポンサーサイト

| レース回顧 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ranobia.blog129.fc2.com/tb.php/240-18f6b01e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。