FC2ブログ

“Dia de Ranobia” らのびあの日   

【競馬ブログ】 管理人ラノビアが競馬をゆとりを持って見守るブログです。どうぞごゆっくり

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

データ攻略法を考える~その2

前記事と同じくメモです。

どんなデータが有効ですか???

血統とか枠順とか脚質とか距離短縮とか前走成績とかって過去の統計ですよね。
今日これから発走するレースの買いたい馬が過去好走しやすいデータに当てはまっていたとしてもくるかどうかはまた別の話。
前の記事にも書きましたが、僕はそういった可能性への依存のみの競馬予想はしたくないと思っています。もっと賭けの対象となる馬のことを知るべきですし、僕としてはデータはその馬の個性を数値化するものの一つにしたいと思っています。

僕が一番詳しくつきつめたいのがラップ。ラップは紛れもなくその馬のレース実績に基づくもの。可能性への依存ではなく馬の分析ツールです。

まず各競馬場、各コースごとの平均ラップを調査しようと思います。
これはとにかう量が大事。数多くのサンプルを集めてラップ毎に平均を出せばレースの特徴(ハイペース、ミドルペース、スローペース等)が分析しやすくなるはずです。

あとはこれがあれば一番嬉しいんだけど、、、
各馬一頭ごとのラップタイム
前から思ってたけど、このデータが公表されてないのがおかしい!!
おそらく計測すらしてないのかな。ご存知の通り上がり3ハロンだけは計測、公表されていますが。
トレセンの調教だとどんなに馬が混み合ってても時計は計測されてるよね。
レースでも図ったほうがいい。そのほうが予想しやすい。
調教みたいにバーコード使わなくても計れるでしょ。
この数値がわかればいろんなことがわかる。レースの平均ラップとか。
ラップ分析で予想(システム)組み立てるなら必要になってくると思うし、あると便利。たとえば(レースの上がりタイムに対してx秒早い上がりタイムを使っている場合、次走の勝率はY%で回収率はZ%である。みたいな)まぁないものに文句を言ってもしょうがないんだけど・・・

そこで注目したいのがPCI、RPCIとかゆう指標。
もちろん今までこの数値使ったことないし、いまだにいったいなんのことだかわかってないですw
でも各馬一頭ずつのラップを出せないんだったらそれに近いものを利用することが解決への近道になるはずです。
PCIとはペースチェンジ指数なるもの。どうやらレース全体のラップからペースを数値化したものらしい。
この数値が使い物になるかどうかはまだわからないけど、とりあえず次回はこの数値について考察したいと思います。これでダメだったら諦めるかもw
スポンサーサイト

| 競馬データ | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ranobia.blog129.fc2.com/tb.php/269-e211c56b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。