FC2ブログ

“Dia de Ranobia” らのびあの日   

【競馬ブログ】 管理人ラノビアが競馬をゆとりを持って見守るブログです。どうぞごゆっくり

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーチザクラウン~届かなかった栄冠~1

リーチザクラウン

戴冠を目指して

その馬は走り出した。
2008年10月26日(日)
菊花賞が行われる秋の京都競馬場に一つの伝説が生まれた。

競馬ファンなら誰しも楽しな菊の季節、3歳世代の一番強い馬が決まるその日に競馬ファンの注目を集めるもう一つのレースがあった。それが後に「伝説の新馬戦」として語り継がれていくことになる第5レースメイクデビュー京都。おそらく菊花賞目当てに競馬場に来てた人の中にもこの新馬戦を見たいと思っていた人も多かったであろう。ビワハイジの仔超良血馬ブエナビスタ、兄はダービー馬のこちらも良血アンライバルド、そして悲願のダービーへ橋口厩舎が送り出したのがリーチザクラウンであった。この3頭が人気上位を占め、どの馬が勝っても来年のクラシックが嘱望されるような状況の中、この日競馬ファンの注目を集める一戦のゲートが開いた。



結果は1着アンライバルド(皐月賞馬)
2着リーチザクラウン
3着ブエナビスタ(ジャパンカップなど6冠)
4着スリーロールス(菊花賞馬)

この4頭が後に顔を合わせるのが翌年の有馬記念という他に例をみないほどのハイレベルの新馬戦であった。もちろん勝ったアンライバルド以外は次走でそれぞれ未勝利戦を走ることになるのだが、この2走目の未勝利戦でリーチザクラウンの素質が一気に開花することとなった。
2走目に迎える鞍上は父スペシャルウィークの主戦を務めた天才・武豊。ここで武豊が選んだ戦法が「逃げ」。リーチザクラウンの代名詞ともいえる逃げがこのとき生まれた。4角で一気に後続との差を広げると最後は鞍上も持ったままでの大差圧勝。まさに他馬とは次元が違うクラシックを意識させるような勝ち方で鮮烈な初勝利を飾った。

続く千両賞も単勝1.1倍の人気に応え3馬身差の勝利。またも鞍上が手綱を抑えたままの楽勝であった。この頃から来年のクラシックはこの馬だと多くの人が確信を持つようになっていた。



リーチザクラウン~届かなかった栄冠~2
リーチザクラウン~届かなかった栄冠~3
リーチザクラウン~届かなかった栄冠~4
リーチザクラウン~届かなかった栄冠~5
スポンサーサイト

| その他 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ranobia.blog129.fc2.com/tb.php/280-fdab87a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。