FC2ブログ

“Dia de Ranobia” らのびあの日   

【競馬ブログ】 管理人ラノビアが競馬をゆとりを持って見守るブログです。どうぞごゆっくり

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーチザクラウン~届かなかった栄冠~4

戴冠へ

逃げはスローペースであれば有利だ。最後の瞬発力勝負に持ち込めば、先行している分のアドバンテージが生かせる。しかしハイペースになると前半で体力を消耗してしまい、最後の直線での脚がなくなってしまう。
通常、競馬において実力上位の人気馬は他の騎手からマークされる対象となる。まして逃げ馬ともなればみんながみんなその馬を目がけてレースをしてくる。逃げ馬がマークされるとき、目標とされすぐ後ろに付かれるか、あるいはその馬の競馬をさせまいと自滅覚悟でハイペースに持ち込まれることもある。

2009年4月19日(日)皐月賞

弥生賞を順当に勝ち上がり無敗でGⅠに挑むロジユニヴァースが一番人気、それに続くのがリーチザクラウン、3番人気は伝説の新馬戦の勝ち馬アンライバルドであった。内枠有利とされる中山競馬場で大外18番枠を引いたリーチザクラウンはスタート後、積極的な競馬で前に行った。しかし内のほうからハイペースで先行する馬が多数いた。リーチザクラウンは逃げようとするも直線の短い中山競馬場ではコーナーワークでハナをとりきれない競馬となってしまった。レースはハイペースで流れ、先行馬全滅の差し馬決着。
リーチザクラウンとロジユニヴァースは見せ場なく惨敗を喫してしまった。

2009年5月31日(日)東京優駿

ダービー当日の府中は昼から大雨が降り続いていた。金曜日、土曜日と連日天気が崩れており、馬場は土曜日から重馬場の発表であった。特にダービーのレース前の競馬場はあまりの大雨で屋根がないところは最前列でさえ空きがあるような状態であった。芝状態は明らかに水が浮いている泥んこ馬場。40年ぶりの不良馬場でのダービーとなった。レースはNHKマイルCの勝ち馬ジョーカプチーノが大逃げする中、リーチザクラウンがすんなり2番手、その後ろにロジユニヴァースといった態勢。直線に入りジョーカプチーノがバテる中先頭にとって代わったのはリーチザクラウンであった。皐月賞で味わった惨敗を払拭するかのような粘りで後続にリードを広げるも、そこで追い込んできたのはまたもロジユニヴァースと横山典弘だった。内ラチ沿い一杯に力強いフットワークで一歩ずつ差を縮め、並び、交わしてからは逆に差を広げていった。逆襲の横山典弘とはよく言ったものだ。皐月賞からの見事な巻き返しで横山典弘は悲願のダービー制覇。リーチザクラウンは惜しくも2着、またしてもロジユニヴァースの後塵を拝することとなってしまった。



ダービー

リーチザクラウン~届かなかった栄冠~1
リーチザクラウン~届かなかった栄冠~2
リーチザクラウン~届かなかった栄冠~3
リーチザクラウン~届かなかった栄冠~5
スポンサーサイト

| その他 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ranobia.blog129.fc2.com/tb.php/283-6123610b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。