FC2ブログ

“Dia de Ranobia” らのびあの日   

【競馬ブログ】 管理人ラノビアが競馬をゆとりを持って見守るブログです。どうぞごゆっくり

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013フェブラリーSステップレース分析(根岸S)

久々のGⅠ週でかかり気味です。
2013年は勝ちたいですね!
GⅠで幸先よくいけるようにしっかりと分析していきます。

まずは有力ステップレースの根岸Sから。



東京の1400を舞台に行われたレースですが、テンと上がりのペースは35.7-35.7。前半が緩いぶん、1400にしては緩めのラップかなと思います。
そのペースのせいかやはり前目の馬が残りましたね。ガンジスやセクリムズンがいい例でしょう。
そしてこの上がりでは外を周った馬には流れが向きませんでしたね。掲示板に載っている馬は全て4角で内を突いた馬のみ。勝ち馬メイショウマシュウは後方から唯一伸びてきましたが、コース取りが素晴らしいですね。藤岡兄の好騎乗と言えるでしょう。
あとはペースが遅くスタミナよりも瞬発力を問われたのでマイルよりスプリント指向の強いレースだったと思います。

結論としては先行してバテた馬は次走消し、後方から伸びた馬は次走見直し買いがいいと思います。
メイショウマシュウは素晴らしいパフォーマンスでしたが、残念ながら骨折してしまいました。
ガンジスとセイクリムズンだとコース取りでセイクリムズンのほうがいいコース通ってましたね。でもそれを補って余りある斤量差だったかなとも思います。この2頭は同程度の評価で。
スティールパスはコース取りの恩恵が大きかったとはいえ、一線級の牡馬相手によく頑張りました。
エーシンウェズンはあの位置取りでガンジスとの差を詰めれない辺りに能力の限界を感じました。強いとは思いますが、抜けた強さではないですね。
外から伸びてきたのはテスタマッタとケイアイテンジン。特にテスタマッタの脚はすごかったです。あの位置からこれだけ差を詰めたんですから勝ち馬に勝るとも劣らないくらいのパフォーマンスだったと思います。

フェブラリーSを見据えては、距離が1ハロン延びるのでセイクリムズンよりガンジスやエーシンウェズンは買いでしょう。ただこのレースだけ見ると抜きんでたパフォーマンスでもないので、GⅠで本命にするほどの勇気は出ないですね。スティールパスは賞金足りずに出れないかな。59キロを背負って展開不向きな中伸びてきたテスタマッタはまさに絶好調とみていいかなって思います。根岸S組からはテスタマッタを積極的に推奨します。

2013フェブラリーSステップレース分析(東海S)
スポンサーサイト

| レース回顧 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ranobia.blog129.fc2.com/tb.php/285-54a3c173

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。