FC2ブログ

“Dia de Ranobia” らのびあの日   

【競馬ブログ】 管理人ラノビアが競馬をゆとりを持って見守るブログです。どうぞごゆっくり

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【③】阪神カップの時間だああああああああああ!!!!!!

スワンSを制するものが阪神カップを制す!! 

阪神カップのアプローチで重要なのがスワンSの見極め。
似たようなコース形態で行われるスワンSは阪神カップを予想する上ですごくイメージしやすいです。着順でみると相性はそんなによくないのですが、個人的には相性抜群だと思っています。

スワンSは京都の1400(内)、前が止まりにくくそのまま流れ込むことが多いコース形態です。今年も逃げ馬コパノリチャードがそのまま逃げ切りましたね。毎年逃げ馬や内ラチ沿いを通った馬が馬券になっています。
阪神芝1400と比較すると圧倒的に前有利。
何度も言いますが、阪神カップは最終週の阪神1400。
前が止まりやすく差しが決まりやすいので、スワンSとは着順が変わりやすいのは当然ですよね。

要するにスワンSで展開やコース形態に恵まれた馬は軽視。逆に脚を余した馬を狙うべき。
配当的にもスワンS上位着順の馬は人気しやすいので、阪神カップは高配当のチャンス。

顕著だったのは10年阪神カップ。スローペースだったスワンSで脚を余した3頭がハイペースの阪神カップで差し切るといった内容。サンカルロ(4着)、グランプリボス(8着)、フラガラッハ(10着)で3連単4903倍。


阪神カップを予想する上で重要なのがスワンSで いい走り をした馬をピックアップしておくこと。
着順じゃなくて、そのレースで差し損ねた馬とか外回らされて届かなかった馬とかをよく見ておくのが大事ってことです。


今年のスワンSはコパノリチャードの逃げ切りでしたね。ですが個人的には外を回って2着のダイワマッジョーレ、後方から差してきたサダムパテック、ラトルスネーク、後方から外を回して洋ナシだったサンカルロあたりはいい走りをしてるように思えました。

以上の内容を踏まえて阪神カップ印→阪神カップの時間だああああああああああ!!!!!!
その②へ戻る→ 【②】阪神カップの時間だああああああああああ!!!!!!
スポンサーサイト

| レース予想 | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ranobia.blog129.fc2.com/tb.php/319-82bae349

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。